水草屋

水草 販売 水槽レイアウト・観賞用水草の通信販売 水草の育て方やアクアリウムについてのご紹介。


5,000円以上(税込)お買い上げの方送料無料!!


水草屋

店長日記

水草屋は水草の品質を第一に考え、お客様に新鮮な水草を
お届けできるように日々努力致しております。

携帯ページ

HOME»  コンテンツ一覧»  【水草アレンジ入門】

【水草アレンジ入門】


 
アクアリウムとは

植物のなかでも、水の中や上で育つものを、総称してアクアリウム、または水草と呼んでいます。

水草は、外見上の分類として「有茎水草」「ロゼット型」「その他」の3つに分かれます。「有茎水草」は、葉を上方へ伸ばし、葉をつける草で、もっともバリエーションが豊富です。「ロゼット型」は、根元から葉が伸び、大型水槽などに適しています。その他つる状や、脇芽を出したりするタイプもあります。

 
■STEP1 水・用土の準備

水草を育てるときに、必要不可欠なものが、水と用土(底床材)です。
人気のある用土といえば、カラーサンド。
色が豊富で、様々なインテリアに合います。
また、土を使いたくない人は、ジェルの底床材もあります。
水草アレンジで使う水は水道水で構いません。ジョウロを使って水をゆっくり注げば、大丈夫。用土を巻き上げないように気を付けましょう。

 
■STEP2 植えつけ方

水草を上手に植えつけるには、ピンセットを使い、丁寧に植えつけます。
「有茎水草」は、植えつける前に痛んでいる部分や下葉を取り除きます。ピンセットを茎の付け根に挟み、用土に垂直になるように、3cm程植えつけます。

「ロゼット型」は根を1~2cm程残しそれ以外はカットします。あらかじめ用土に穴をあけ、あまり深く挿さないようにします。

 
■STEP3 配置場所

「有茎水草」に適している配置場所は、レースのカーテン越しの窓辺や間接光が差し込むリビングになります。

「ロゼット型」は、光をあまり好まない為、玄関や洗面所などに置きます。

風通しに気を付け、西日が当たらない所に配置しましょう。

 
■STEP4 日常の管理 その1
水草の管理で一番大切なのは、水やりです。こまめに給水する必要があります。
また、水温も注意したいところ。足し水は、器内と同じ水温に調整してから注ぐようにします。痛んだ葉は枯れたりして水を汚しますので、こまめにはさみで切り落としてください。
また、コケが発生した場合、指先で軽くこすって取り除きます。
 
■STEP4 日常の管理 その2

水草は、激しい温度差を嫌いますので、四季を通じて安定した温度管理が必要となります。

また、3ヶ月に一度は用土を交換し、伸びすぎた葉は、先端をカットし、見栄えを良くしましょう。

 
ページトップヘ